MasamiKondo キレイworld

写真家 近藤雅美と何気ない"ニチジョウブンノイチ"のこと

スタジオ復活しました

店舗移転によりしばらく休んでいた

スタジオ撮影もこの度復活することにしました

 

名古屋市守山区です

 

 

 

 

...

All images copyright MasamiKondo

このブログにある全て写真・画像を無断で使用することを禁じます。

 

 

撮影のご予約・ご質問はこちらから→ LINE

建築写真 近藤雅美

Prints Sale

Darkroom

sites.google.com

 

 

 

 

 

 

ロケ撮影 春

今年は建築だけではなく、人も撮りに行く

そう決めた!春☘️

 

楽しくいこー😁

 

 

...

All images copyright MasamiKondo

このブログにある全て写真・画像を無断で使用することを禁じます。

 

 

撮影のご予約・ご質問はこちらから↓ → 公式LINE

https://kireiworldphotograph.myportfolio.com/contact

 


Prints Sale

 

 

 

 

 

建築写真撮影 シフトレンズの使い道2

前回→シフトレンズの使い道 

少しだけ触れたのですが、今日も少しだけ^^

小出しにしますw

前回は高さの事を書きましたが

今日は広さのこと

後に下がれないけど、全体がわかる写真が欲しい

とご注文があった時

目一杯下がって、超広角レンズを使ってもこのくらいの範囲しか入らない場合

どうする?

16mmレンズでこの範囲 16mmってすごく広く撮れるから床もこのくらい入って
天井もこのくらい入るくらい広く撮れるんですが、今回は後に下がれない
カメラ縦にすると横が見えない・・・状況

撮影現場ではよくあることなんですが、この場合キッチン横に本棚がついていて
うえは吹き抜けがあってそこも撮りたい。カメラは上に振ったり横に振ったりしたくない、つまり歪めたくない

そんな時、シフトレンズの出番なんですね 

こんな感じに撮ります

ジャン!

見せたかった本棚、吹き抜けの様子まで入れることができました。

光軸をずらすことができるレンズなので、少しずつずらしてずらして、合わせます

つまり三脚の場所は変わらず光軸だけずらすだけで、真ん中はずれないので写真を重ねやすくなります
これで20カット以上重なってるので、相当なデータ量の作業になってしまいます。

1カットにつき100MB以上あるので、PCつらそう...😂

で真四角に近い写真が出来上がります。

あとは縦にトリミングして使っても、横にトリミングして使っても広い範囲が残せるということに^^v

ただ、使い方やレンズの感覚、写真に入ってくる線の感覚などを熟知していないと、うまく仕上がらないこともあるので、注意です。

並べるとよくわかります。

これは横ベースで撮っているのですが、縦のベースで撮影しても面白いかもね。

撮影に時間がかかるので、多用することはないですが、お願いされた時だけ頑張りますw

 

建築写真っていろんな工夫をしているって裏側のお話

苦労しても何しても、普通に感じて(見える)もらえるように努力します。

 

今回使ったレンズ↓

 


 

 

...

All images copyright MasamiKondo

このブログにある全て写真・画像を無断で使用することを禁じます。

 

 

撮影のご予約・ご質問はこちらから→ LINE

記事中の建築家のご紹介も致します

建築写真家 近藤雅美

Prints Sale

Darkroom

 

kireiworldphotograph.myportfolio.com

sites.google.com

 

 

 

 

 

建築写真撮影 シフトレンズの使い道

建築写真に必要な機材の一つ
シフトレンズ
最近は、画像ソフトで修正できるや〜ん
と使わない方もいらっしゃるようですが
やっぱりこのレンズがないと困る場面も多々あります

例えば

全面道路が狭く、その後ろは水路になっていて道路ガードレールより後ろに下がることができない

建物の基礎の部分より下がっていて目の高さがちょうど床の高さくらいまでしか上がれない

17mmの超広角レンズを使用してほぼ目一杯の幅

この状況で、通常の広角レンズを使うと見上げるような形で撮影することになるので、

こうなりますね

ここから画像ソフトで縦のラインを起こしていくとこうなります

そしてこれを画像が残っている範囲でトリミングすると

両側が切れてしまいます。
しょうがないです

そこで普段使っているシフトレンズ

こんなくねくね曲がるような節のあるレンズ使います。
光軸をずらしてしまうことができるレンズ、つまり入ってくる光を捻じ曲げてしまうんですね

それによって、カメラ本体は水平と垂直を保ちながら写る景色をずらすことができます。

ビルの写真なんかでも、見上げずにまっすぐ撮ることができます

建築写真家専用に設計されている、特殊なレンズです

このレンズを使って撮影すると、初めから真っ直ぐに撮れるので

先ほど両端を欠損したような写真にはなりにくいです

ギリギリの場所でも気持ちよく真っ直ぐに撮ることができました。

建築写真って

普通に見えているようでいろいろな技術を使っていたり

特殊な撮影方法を用いたりしています

しかも"普通"に見える、これが大事

 

普通に見えるってすごいことだったりします🎵

 

また次回は、もっと特殊な使い方なんか紹介できたらなと思っています。

今回使ったレンズ↓

 


 

 

 

...

All images copyright MasamiKondo

このブログにある全て写真・画像を無断で使用することを禁じます。

 

 

撮影のご予約・ご質問はこちらから→ LINE

記事中の建築家のご紹介も致します

建築写真家 近藤雅美

Prints Sale

Darkroom

 

kireiworldphotograph.myportfolio.com

sites.google.com

 

 

参拝する 03.04.2024

椿大神社

二千年の歴史ある神社へ参拝してきました。

みちびきの祖神さまと言われる猿田彦大神を祀ってある神社です。
建築には非常に深い関わりのある神様ですね

また、猿田彦大神の妻神、天之鈿女命を主神として祀る 椿岸神社もあり、
こちらは芸道の祖神といわれてます。

建築、また芸術に携わるものとしては、参拝できたことを非常に嬉しく感じ

参道を進むにつれてスッと感じる空気に

少し心が軽くなったような気がします。

 

 

 

...

All images copyright MasamiKondo

このブログにある全て写真・画像を無断で使用することを禁じます。

 

 

撮影のご予約・ご質問はこちらから→ LINE

建築写真 近藤雅美

Prints Sale

 

Darkroom

sites.google.com

建築写真撮影 事例

最近使っているカメラには、手ぶれ補正の機能が備わっているのですが、

どれだけ、手ぶれ補正の性能が上がったとしても

僕にはやっぱり三脚は必要なのです。

建築写真家 近藤雅美

 

写真はブレなくても、体が揺れると、軸がずれる可能性は大きいのでw

結構シビアなんですよ建築の写真

 

僕の仕事は、綺麗な写真を撮ることが目標ではなくて

クライアント様への資料請求が増えるようになるとか

家が売れるか売れないかの結果が待っていて

そこが答えなので..

 

 

...

All images copyright MasamiKondo

このブログにある全て写真・画像を無断で使用することを禁じます。

 

 

撮影のご予約・ご質問はこちらから→ LINE

記事中の建築家のご紹介も致します

建築写真家 近藤雅美

Prints Sale

Darkroom

 

kireiworldphotograph.myportfolio.com

sites.google.com

建築写真撮影 事例

f:id:masami_photos:20240302222649j:image

リビングの仕切り代わりになりそうな

大階段がとても印象的でした

 

 

 

 

...

All images copyright MasamiKondo

このブログにある全て写真・画像を無断で使用することを禁じます。

 

 

撮影のご予約・ご質問はこちらから→ LINE

記事中の建築家のご紹介も致します

建築写真家 近藤雅美

Prints Sale

Darkroom

 

kireiworldphotograph.myportfolio.com

sites.google.com